2017年2月1日水曜日

FESTIVA2016 性格良し子ちゃん2016年BEST DISC発表! POP MUSICの未来はTWICEとOH MY GIRLのものである


You've got the music in you
Don't let go
You've got the music in you
Don't give up
You've got a reason to live



一瞬も永遠もこの世界のものじゃない

それは天国と地獄にしかなくて

それを手に入れようとするなら

僕等は血を流さなくてはならない

映画「DREAM MACHINE」で辿り着いた地平は

正にTHE DOORSのWHEN THE MUSIC IS OVERの歌詞まんまの

何も聞こえない何も見えない場所だった



そこに彼女はいたのか?



僕を待っていてくれたのか?



何も聞こえない天国で?



何も見えない地獄で??



そんな所に居るはずなかったのだ
僕はそれを音楽の中に見つけなきゃならなかったのだ!



僕『そうだよね?』



『当たり前でしょ!』



夢の中で僕は確かにその声を聴いた


そうしたらいきなりポップミュージックがまるでスコールのように突然降り注いで


僕は再び音楽を聴いたんだ!!


それは僕もそしてあの子も大好きだったポップミュージック!


新しくてピカピカして可愛くてカッコよくて優しくて激しい、

その音を鳴らしていたのは誰だ!!!


それはKPOPとメインストリームポップスでした


2016年、僕は再び「POP MUSIC」を手に入れました




山下達郎氏がインタビューでおっしゃっていたように
2009年、少女時代の「GENIE」でKPOPはJPOPを完全に追い越して
洋楽と同じ音圧を手に入れてしまった。
その時期は僕もその奇跡に唖然としてKPOPを聴いていました。
でも基本天邪鬼なので(泣)
その後の日本での怒涛のKPOPフィーバーでなんとなくひいてしまってたわけです

でもでもでもでも!!!!!

ほんとーに世界ってよくできてるなと思うのは
2016年という年、まるで音楽の神様が導いてくれたように
TWICEがGFRIENDが、あの少女時代の売り上げ記録を次々に破ってしまった!

いわば

KPOPルネッサンス


とでもいうべき年が2016年。

明らかに2016年KPOPはポップミュージックを
アイドルミュージックを更新してしまった


そこに僕は完全にシンクロしてしまいました。


そしてビルボードチャートにおいても

ダンスミュージックとポップのマリアージュが

新しいPOP MUSICのカタチを作り始めた年

それが2016年でした。





ポップミュージックとは何か?



ポップである事。僕はその本質は


編集力



だと思います



歴史上という縦のライン

そしてあらゆるものが生きてセックスして

笑って泣いてゴッチャに存在する横のライン



その全てを肯定して並べ替えて
その十字架を背負って
新しい世界を作る事、それが編集力であり
それを引き受ける意志と知識の音がポップミュージック



そんな強さを現在最も携えているのは
僕は確実にKPOPとメインストリームポップだと断言できます!!



だから去年のベストディスクはこーなりました!


あまりの激変っぷりに唖然とされる方もいらっしゃると思います。

でも僕はこのBEST DISCこそが

POP MUSICの「今」をどこよりも完全に撃ち抜いた
正しい音楽の未来だと思っています。



というわけで怒涛の56作品大発表ーーーーー!!








56. ANNA OF THE NORTH US


2016年は後で色々とでてきますがEDMが内省性までをも
そのサウンドに取り入れる事に成功してしまった画期的な一年でしたが
そうした新しいEDMのダイナミズムをインディー側からうまーーく使った名曲!





55.PENTAGON(펜타곤) _ Gorilla


もちろん上に書いたみたく2016のKPOPはとにかく久々のガールズグループYEARだったけど
ボーイズも僕は大好き!!でこのPentagonのデビュー曲に関してはだれも言わないけど
あきらかにこの曲へのオマージュ!!



この辺がKPOPの「編集力」って事だぁーーーと





54. Tory Lanes「I TOLD YOU」



前半は確かにTRAP ALBUM然としてるんです。がしかーーし!!このデビューアルバム
のとんでもなさはB面というか後半の美メロの嵐っぷり。
つまりメッチャ正しく2016年の大傑作AORアルバムがコレでした。



53.P.miller Milk bath


今年も最高のMVを届けてくれた姐さんに感謝!!





52 AS CHINGY


去年見たMVの中で手法的に「ややややられた・・・・・・」と最も感じた一つでっす




51.Kiala Gold



こんな暴力的なトラックでこんな破滅的な恋愛を唄っているのに
完璧なポップミュージックに仕上げてしまうこのテクニック!!


50.PIXX BABOO


うーーむ!!何度見ても傑作ガーリーMVっす!




49. CLC(씨엘씨) - '아니야(No oh oh)'



ななななんすかこのJagwar Ma越えしたおマンチェサウンドは!!!!???と驚愕
CLCは今年一月の新曲でいきなりコンセプトが4minute系になっちゃったけど
またこの路線もやってほしいなぁーー


48.NOIR COEUR POST LIFE



TRAP以降のグルーヴとタイム感使いの傑作!


47.마마무 (MAMAMOO) - 넌 is 뭔들 (You're the best) & Décalcomanie (데칼코마니)



MAMAMOO姐さん達の何が凄いって今や本場でさえやらないようなソウルミュージックマナード真ん中をやって
しかも데칼코마니に至ってはこれフィラデルフィアソウルですよ!! それをベスト10にランクインさせてしまった説得力!!
それはどんなSOUL MUSICにもあるユーモアの部分を彼女達が的確にとらえているからこそ可能になったパワーだと思うのです





46.M.miller Dang


Anderson .Paakの凄さについては2015年のFESTIVAで断言しましたがこの曲でもそのSMOOTH KILLERっぷりが炸裂してるぅーーー!!気持ちいいです



45.LABOUM(라붐) _ Shooting Love(푱푱)


LABOUMってずっと所謂「清純系」コンセプトをやってたんですがこの曲で
正に僕が考えるKPOPの「編集力」を生かしたポップミュージックへ大化け!!!
このトラップトラックの使い方!!
不思議だよなぁスタダ系JPOPアイドルとか聴いてる人達は絶対この曲だって聞いてなきゃならないはずなんですけどね
ほんとうにおんなのこポップスが好きならね




44.DΞΔN x Ta-ku - Bonnie & Clyde (Remix Visual) ft. Lilymaymac
Ty Dolla $ign - Zaddy



今年のおんなのこMV傑作二発ッッ!!


41.MC GREE (MC그리) _ Dangerous(이불 밖은 위험해)



今更僕が言うまでもない事ですがKPOPのポップミュージックの強度はほぼニアイコールでMVのビジュアルにも直結してるわけで
これも天才DIGIPEDIチームの傑作!!


42. will i am Boys & Girls ft. Pia Mia



実はチャートポップスをDIGしていてPia Mia様の素晴らしさに気づいて彼女流れで聴いたら傑作で驚き!!



すぐさまそのあたりを突っ込んで2016年のPOPをちゃんと鳴らしたWill I AM兄貴は流石だーーと!


41.인피니트(INFINITE) "태풍 (The Eye)"



凄い凄すぎる・・・・このトラックの「過剰性」!! 僕がこの演劇的とでもいうべき異常で歪なトラックと泣きメロの組み合わせ
の傑作を聴いて思い浮かべたのはもちろん過剰ポップス界の闇の帝王、「夜のワグナー」と異名をとった藤本卓也御大!!
これがチャートの一位になるんだもんなぁ!!



40.Tove Lo - Cool Girl (Part of Fairy Dust)



その年のポップサウンドを体現するような「声」って毎年あるんですがTove Lo様も完璧に2016年の声だったなぁー!!



39.PARRI$ - NASTY



あの!! Justin Bieberの SorryのMVの振付師でもありKPOP関連の振付も多数こなす彼女自身の凄まじく「肉体的な」ダンスMVの大傑作!!


38.Grace vonderwall


このまとめ動画の中で審査員が断言してるけど


ここれは確かに「次のテイラースウィフトは君だ!!」だし「君の存在こそが奇跡で、君こそが未来のポップミュージックなんだ!!」と
僕も思います。今年彼女がどういう展開するのか楽しみすぎるーーー



37.Dalshabet(달샤벳) _ FRI. SAT. SUN(금토일)



うぉーーーー!!サビのコード進行!ここここれはあの大名曲「Hill Street Bluesのテーマ」じゃないっすか!!
それをこれまたトラップトラックにつっこむという大技炸裂!! これがKPOPの醍醐味だなぁーと


36.Melanie Martinez「Cry Baby」



twitterとかでは彼女のMV何度か紹介してましたがアルバムは迂闊にもスルーしてしまってて大反省・・・・・・
完璧な世界観で統一されたガーリー系コンセプトアルバムの大傑作!!!


35.Selena Gomez - Hands To Myself



この曲を含むアルバム「REVIVAL」もポップス史に残る傑作だと思うけど中でもやっぱりこの曲は凄い・・・


34.PLEDIS Girlz(플레디스 걸즈) _ WE



遂にPristin (프리스틴)として今年2017年デビューが決まった彼女達の素晴らしい「ファンソング」
後でこれもまた触れるんですけどこのボーカルのMIXの完璧さ! これがこの曲をセンチメンタルなだけじゃない
アンセムとして機能させるポップミュージックとしての強さの元になってるんですよねー


33.Jess Glynne - Ain't Got Far To Go



くぅーーー完璧&号泣のゴスペルPOPド名曲誕生ーーーーーー!!


32.러블리즈(Lovelyz) "Destiny (나의 지구)"



とにかくアイドルソングとしてパーフェクトすぎて僕トラックをDAWで完コピしちゃった「Candy Jelly Love」の


LOVELYZの最新曲!これまた彼女達のMVを全て手掛けてるDIGIPEDIチームの凄すぎるMVと70年代歌謡曲メロディーが異次元でMIXTUREしててくぅーー最高!



31.페이 "괜찮아 괜찮아 Fantasy"



古内東子様とか一十三十一様的大人のお姉様AORの2016年版としてすっばらしい一曲でしたッッ!!



30.Zara Larsson - Ain't My Fault



この人も2016年の「VOICE」!! 地鳴りがするほどのBASS HEAVYなトラックに絡むハスキーボイス最高でっす!


29.APRIL(에이프릴) _ Tinker Bell(팅커벨)



エッ?!普通におしゃれエロでしょ??っていう程度のROTTAのスチールまでが
つっこまれるほどロリ表現には厳しい韓国(でもお得意の超ミニスカ系衣装はエロのゾーンとしては完全にLOなんだけどなぁーー?)
なのにデビューシングル「DREAM CANDY」の本気ロリータソングっぷりにはメチャクチャ驚きつつ


(ちなみにコレもDIRECTORはDIGIPEDI先生)

でもそのDREAM POPな曲が素晴らしくて聴いてたAPRILの最新曲
しかしこの4thシングルを最後にある種それまでのAPRILのイメージを体現していたヒョンジュ嬢が脱退してしまった・・・・

VLIVEやリアリティー番組を見るとやっぱAPRILのメンバーはこれらの曲の世界観ほどには幼くなくて
みんなそこそこ大人なのでそこに歪な所謂「疑似ロリ」感が出てしまってたのがホントLO道は難しいッス!!


28.Ravi(라비) DamnRa (feat. SAM&SP3CK)



あの傑作GOTHPOP「VOODOO DOLL」を産んだVIXX、Raviのソロ曲!グライムとブロステをMIXしたようなトラックもかっこいいけど
やっぱり不穏でゴシックなこのMVは傑作!



27.Annabel Jones - IOU



唄い出しから完全に大人のエロSONGなんですがこの主人公のこんがらがりっぷりは愛の渇きの女主人公の様!





26.Hey Violet - Guys My Age



この曲の前までは普通のオルタナポップBANDって感じだったのにいいいいきなりぶっといBASSがブリブリ鳴りまくる
凄いガーリーエレクトロアンセムを発表!!今年注目してマッス!!




25.스텔라(Stellar) - 찔려(Sting)



この曲はtwitterでも絶賛しちゃいましたけどDIGIPEDIチームのMVと合わせてこれでStellarのスタイルが決まった!!っていうくらいの傑作だったのに
何故か次の曲では全然違う路線へ(泣)。お願いーーーこの路線で押してくだされーー!!


24.Ariana Grande Into You



アルバムの方は後半のDIVA感が強すぎかなぁだったけどこの曲は正にGOOSEBUMPS!!
聴くたびにアドレナリンが出まくるこれぞセクシャルPOPYOUTHSONG!!!




23.Travis Scott Birds In The Trap Sing McKnight



お休み前のトランキライザー音楽として最高のNIGHT MUSIC!!ほんとーーによく出来たLOVE&SEX SONGアルバム


22.Paradis - Recto Verso



夏頃メチャクチャ聴いてました。今10ccがエレクトロポップをやったらこんな感じかも?!?!


21.Troye Sivan - YOUTH



もうとにかくこのMVとコンボで正に2016年僕等のためのアンセム!!


20. EXO_Monster



僕は今普段使いのバックパックはEXO仕様!!なんですが、それはもちろんあのKPOPボーイズグループ史上に残る傑作
彼等の「LOVE ME RIGHT」に敬意を払うためで!!


今作もトラップを完全に消化したパーフェクトなEXO MUSIC!!


19.DIA 다이아 - 미스터포터 (Mr.Potter)



D.I.Aもこの曲まではイマイチ焦点が定まらない清純コンセプトをやってたのにいきなりKPOP王道マナーである
ダンスミュージックの編集力勝負のポップソングで大覚醒!!!

ショーケースでやってくれたBANDバージョンも楽しいのでっす!!





18.Rihanna ANTI



このTAESER MOVIEでこうなるとは思っていたけど


ここまでゴシックとHIPHOPをSEXで結びつけたALBUMはHIPHOP史はもちろんROCKにおいても存在しない。
でもそれをポップミュージックとしてアリにしてしまうのはRihanna自身がそうした死とセックスが隣り合わせになった世界に"生きている"からだ。
そのリアルが世界に対してANTI FLAGを掲げる彼女のメッセージを世界中の人々に届かせているのだ




17.BTS방탄소년단 'Save ME'&피 땀 눈물 (Blood Sweat & Tears)’




2015年のLEAN ON以降のグルーブ感、あのBPMでアイドルポップスをやるのは結構危険で(だからJPOPではないわけですが)
でもいち早くそこへ果敢に食らいついていったのはBTSだった。しかも本家以上の美メロをのせてそれをアジアの美少年達が唄い踊る
そりゃ海外での人気が爆発するのも当然で。このTEASER MOVIE群もよかったなぁーー



16. BLACKPINK - '휘파람'(WHISTLE)



GDRAGONやBIGBANGの一連のMVを撮ってるSeo Hyun Seung監督のMVがとてつもなく素晴らしいのは言うまでもないんですが
こーーーのこの挑戦的なトラックをデビュー曲に持ってくる勇気!!


15.NCT U_일곱 번째 감각 (The 7th Sense)、 NCT 127_소방차 (Fire Truck)&Switch (Feat. SR15B)、NCT DREAM_Chewing Gum







最初は「ん・・・・??」EXILEみたいなもん??と思ったんですが次々に発表される曲を聴いてやっぱJPOPボーイズグループとKPOPボーイズグループ
を隔てる深くて広いもはや絶対に埋める事ができない「ダンスミュージックに対する真摯なアティチュード」の違いに驚愕・・・・
やっぱSMエンタは凄いわぁ・・・・・


14.SEVENTEEN(세븐틴) - 만세(MANSAE)&VERY NICE(아주 NICE)




MANSAEは2015年じゃん!!ですが、もーーーとにかく僕はこの曲とMVが大好きでMVは1stカットからラストまで
ボーイズグループのMVとしては最も優れた一本だと思っています。
これまたDIGIPEDIセンセイの아주-の方もナイスですねーーー!!!



13. I.O.I(아이오아이) _ Dream Girls(드림걸스)& Very Very Very(너무너무너무)




なにしろ「IDEAL OF IDOL」がグループ名で結成までを見せていくTVのリアリティー番組が爆発的な視聴率!


IOIが今年のガールズグループ世代交代を促したのは間違いないんですが
そーいうドメジャーグループであってもKPOPにおけるポップミュージックの基礎である
「最新のダンスミュージックをどう解釈(=編集)して取り込むか?」をやっている。
(JYPモチゴリ社長によるVERY-なんて基本ひたすらLOOPのフックSONGという力技!)
ここがJPOPとKPOPの最大の違いで僕はそこへ果敢にチャレンジし続けるKPOPが素晴らしいと思う。
さらにはやっぱり各事務所のエース級が参加しただけあって画に映った時の「華」のある感がハンパなくて
きっぱり期間限定で先月解散したのは清いけどまだやって欲しかったぁーーーー!!








12.MØ - Final Song



この人の「声」も2016年のポップミュージックを体現する声でした。
っていうかさこーいう曲をなーんで日本のアイドルやらないんだろう!っていうかやるべきなのにぃーー!!


11.JUSTIN BIEBER 「PURPOSE」



J.ビーバーの鳴らしている音こそが現在の最新型BLUESであるっていうのは昔からずーーっと言ってきましたが
2015年末に発売になったこのアルバム、僕にとっては2016年最も聴いた洋楽アルバムでした。
ロック・ポップス史に残る大傑作だと思います


10.DJ Snake Middle ft. Bipolar Sunshine



MAJOR RAZORとやったLEAN ONでダンスミュージックのタイム感と音の質感を完全にNEXT STEPへと進めてしまったDJ SNAKEだけど
そのフォーマットがこうしたエモな感情までにも「使える」事を証明したとんでもない名曲!!



9.우주소녀(WJSN)(COSMIC GIRLS) 비밀이야 (Secret)



イントロのオルゴールでもう完全にヤラれた!
かなり鳴物入りでデビューしたのにイマイチB級感があったCOSMIC GIRLSが完全に化けた一曲
E ONE先生によるスティーリーダンばりのコードとメロの絡みに何度聞いても鳥肌が・・・・
そしてやっぱアイドルにはシグニチャーになる曲が何より大事!っていうのはこの曲でのブレイクと共に
メンバーの一人ソンソ嬢が「体操少女」としても人気爆発!


こーいう「勢い」っていうか「風」って大事だなぁーー!!


8. Red Velvet 레드벨벳_7월 7일 (One Of These Nights)& 러시안 룰렛 (Russian Roulette)




なにしろ僕が「ももももしかしてKPOPってまた凄い事になってるんじゃないか??!!」と気づかせてくれたのはtweetもしましたが
あまりにも画期的なレッベルの「DUMB DUMB」だったわけで


そのほとんどNINバリの「完璧主義」的な音作り&イメージ作りのヤバさこそがRED VELVETであり
その一ミリ一フレの狂いも許さない的な危険なほどのテンションがMAXになったのがOne of these night。
だからこそ楽曲はこうした解釈も産んだし
ぶっちゃけると僕はこのテンションのままいっちゃったら結構実はフツーのおんなのこなメンバーは大丈夫なのか??とも思ってました。
そこへリリースされたのがRussian-で最初はその「ユルさ」に驚き!!特にMVはどーー見ても明らかにNGカットが使われてるのがいくつかあって
そんな事はいままでのレッベルちゃんでは考えられない!! でそう思ってるのは僕だけかと思ったらメンバーもこのインタビューで
そうしたカットが使われててビックリと言及してました。

[ENG] 160929 Red Velvet @ MV Commentary

つまりコレ、どーいう事かというと遂に制作者側が「何をやってもレッドベルベットである」と腹を括った宣言!
今までのナイーブ期からもっと攻めていくぞってこと。
今月発売になる新曲も含めて今年も楽しみーーーーッッ!



7. 여자친구(GFRIEND) 시간을 달려서(Rough)& 너 그리고 나 (NAVILLERA)




2016年というKPOPルネッサンス元年を代表するというか
「こうやってポップミュージックは生まれるんだなぁー」という事態を現在進行形で見せてしまったのがヨジャチングの奇跡!
2015年のデビュー時は所謂「清純」系ガールズグループの一つに過ぎなかった彼女達の運命を一本のファンMOVIE(직캠)が変えてしまう



この転んでも転んでも立ち上がって唄いつづける姿がバイラルとなって注目度があがったわけですが
ここで凄かったのは制作者側で。それまでのただ可愛いを売りにした路線からこのMOVIEの姿に現れているような彼女達の冒頓さと真面目さ
というおんなのこ自身のキャラクターを立たせる楽曲へ一気にシフト!!
そして生まれたのが「一体これは2016年の楽曲なのか??」と最初聴いた時に驚愕してしまったくらい
ドストレートに70年代歌謡曲な泥臭い「시간을 달려서」!
ところがところが!これがなんとあの少女時代が持っていた記録と並ぶほどの大ヒットになってしまう。
さらには시간을 달려서以上に、えーーーーい!!もう言ってしまおう!いい意味でダサい、でもGFRIENDにしか
絶対に唄えない「歌謡パンクアンセム」とでもいうべき너 그리고 나も連続大ヒットを記録して
TWICEと並ぶトップアイドルになってしまった。

この一連の流れほどファンとアイドル、そしてそれを繋ぐ楽曲の関係性を如実に表した事件はそうそうなくて
やはりアイドルにおける曲とはそのおんなのこ達のコアな部分を捉えて抽象化した表現でなければ
決してファンに届かない(=売れない)という事。
ヨジャチングのバラエティーやVLIVEを見る度に「ほんっとこの子達(いい意味で!!)あか抜けないなぁ・・・」と思うんですが
それを恐れることなく「だってこれが彼女達なんだもん」とそのまま曲にしてしまった制作側はほんとーーに凄いし
そんな自分達を臆することなくさらけ出しているヨジャチングはほんとーーに素晴らしいと!!




6 GOT7(갓세븐) “Fly”



2016年のKPOPのトラックで最も驚いた一曲!!
なななんだこのモロFUTURE BASSの上物×カラカラにかわいたリズム×シングとラップを縦横無尽に駆け抜けるメロディー×しかもサビ付!!!
これがこれがこれがKPOPのポップ編集力の神髄でなんどもいいますけどこれがちゃんと売れてるってのが
ほんとーーーーーーに凄い事だと思います




5 The Chainsmokers Closer (Lyric) ft. Halsey & Don't Let Me Down ft. Daya




以前twitterで彼等が自分たちの曲作りを一時間にもわたって解説するトラックメイクMOVIEを紹介したりもしましたけど
そんな真面目さというかROCK的な内省性が今年この二曲で大覚醒。
いままでもEDMは美メロというか泣きメロを使ってたりしたけどそれは門切型のいわば「大箱」系フェス会場を出たら忘れてしまうような
お約束要素にすぎなかった。ところがCHAINSMOKERSはそこに自らが体験した別れという
ベッドルーム的な直接性を持ちこんで(Blink182オマージュの歌詞の素晴らしさ!!)
遂にEDMをPOPミュージックの領域に放り込んで今年最大のヒット曲にしてしまった!
僕はサビの「We ain't ever getting older」のとこでいまだに泣いてしまうのです・・・・




4 TAEMIN 태민 「Press It」



ななななんていうことだ・・・このALBUM完全にJustin Bieberの「PURPOSE」と同じ地平の音を鳴らそうとしてる!!
アルバムからの1st「DRIP DROP」を聴いて僕が感動したのはその最新のポップミュージックに対する敬意と
それを目指そうとする気高い意志!KPOPって時としてALBUM単位だとアレ???っていうくらいの所謂捨て曲が入ってたりするけど
このアルバムはオープニングからラストまでまるで美しい王子が張りつめた一本のロープの上を綱渡りするかのように
一瞬の弛緩もなしに緊張感と高揚感が持続するすさまじい作品でした!!






3 JUSTIN TIMBERLAKE CAN'T STOP THE FEELING!



再びポップミュージックへと回帰した時にやったのはもう一回好きだったポップソングの構造を再点検する事でした。
そしたらこの曲ですよ!!このボーカルサウンド!!!
もちろんこの魔術のような奇跡のMIXを行ったのはもう僕にとっては神様といってもいい

Serban Ghenea

彼がこの20年間でどれだけの全米No.1のポップヒットをMIXしたかはオフィシャルサイトを見ていただきたいわけですが

このCan't stopのボーカルも僕は去年この曲300回以上聴いてますけどいまだに発見がある
っていうかこの質感を真似したいけどまったく似せる事さえできないっっ(泣)
つくづく優れたPOP MUSICには職人技というか匠の技術が惜しげもなく使われてるんだよなぁ・・・・と。
そして先生は秘密主義で上のオフィシャルサイトも去年ちゃんと完成したばかり!ていうとにかく検索しても最近のインタビューは全くでてこないし
ましてや日本の音楽誌にも多分載った事がない!!これだけのヒットソング作りの神様なのに!!
是非是非是非サンレコさんとかに特集してほしいなぁーーーーー!!



2 OH MY GIRL(오마이걸) _ WINDY DAY & LIAR LIAR




去年の7月、10代や20代の女の子達が8割でごった返す渋谷のCUT UP STUDIO、瞬殺だったおまごるチャン達の初来日イベントにて僕は号泣しながら
ステージを凝視、心の中で叫んでいました・・・・・

これだ!! これがアイドルミュージックの本当のカタチなんだ!!!

何故こんなまるでXTCみたいな変態ポップサウンドとおんなのこ達という組み合わせが究極のアイドルソングを生み出すのか?

どうして僕はあの子が好きなんだろう?という自問自答がなかなか答えに辿り着かないように
このQUESTIONの答えもLIAR LIARの歌詞に出てくる「ビンク色の海の中」に沈んだまま。

そう僕はOH MY GIRLを大大大大好きで愛しているのデッス!!

2015年に発表された1stの「CUPID」、2ndの「CLOSER」も素晴らしいけれど
明らかにストレンジポップの方向へと舵を切った2016年のこの二曲に完全にノックアウト
おんなのこがまだ着たことのないファッションにワクワクするみたいにアイドルポップスは
いつでも「新しい可愛い」を曲にしてもらいたいと思ってる僕にとっては
OH MY GIRLは最高のアイドルグループ!
それはこの二曲のMVを担当したDIGIPEDI先生も同じだったらしく
LIAR LIARはそれまでのDIGIPEDIスタイルの集大成的な傑作だし
WINDY DAYはこれまでとはまったく異なるスタイルによって2016年で僕が見たMVの中でも最高傑作のMOVIE生み出してしまった!

さらに来日イベントでもVLIVEでもわかるのは彼女達のほんとーーーーにVERYGOOD GIRL!!っぷりで




GFRIENDのとこでも力説しちゃいましたけどやっぱアイドル表現の核も「性格」なんだよッッ!!っと


P.S ジニ様へ。カラダとココロを休めてリラックスして自分を楽しんでください





1 TWICE(트와이스) "OOH-AHH하게" "CHEER UP" "TT(티티)"






冒頭で申し上げておきます!!僕はTWICEを僕等の時代の、今の、この「ストリーミングPOP」時代の
THE BEATLESだと確信しています。

それはつまり有名な"あの"フレーズを使うならば

「私はポップミュージックの未来を見た。そのアイドルの名はTWICE」

という事であり、

現在地球上で最も優れたPOP MUSICを鳴らしているのがTWICEだという事です。


とにかく僕はTWICEを聴いているとひたすら興奮し幸福でさらには凶暴になってしまいまっす

それは絶対に1960年代にTHE BEATLESを聴いて絶叫して失神したおんなのこ達と同じ

「ここに絶対に私達(僕達)を自由にしてくれる音が鳴っている!!」

その時代性を最も反映したポップミュージックだけが持てる新しいメッセージに興奮してるからだと思います


ではTWICEはポップミュージックにおける何を更新したのか??


もっちろんそれは「編集力」!!


冒頭にあげたポップミュージックにおける編集力というとJPOPにおいてはそうした捉え方が
先鋭化したのはあの有名な「渋谷系」ムーブメントなので

編集力=好きなものをセレクトショップのように"神経質"に並べる事

というイメージが強いかもだしめちゃくちゃ極論すれば

これまでの編集力、EDITするという行為の意味はそうだったかもしれません。

でも!!もうそーーじゃないんだなぁーーー


僕は最初「OOH-AHH하게」を聴いて&MVを見て大笑いしてしまった


どはーーーーーななななななんて雑多ななんでもありな表現なんだ!!!



そこに鳴っている音はHIPHOPからチップチューンからR&Bからマジ-ビートからSPICE GIRLSのWANNA BEまでぶっこんだごった煮サウンド

そしてMVはその音を聴いたゾンビ達があまりの楽しさに踊りだす・・・・という一歩間違えればトンデモ系なコミカルMV


一聴&一見すればまるでおもちゃ箱をひっくりかえしたようなメチャクチャっぷり


好きなものだけを大切に大切に並べるようなナイーブさから生まれる神経質な「編集力」とは真逆のそのカオスっぷり・・・・

でも僕はMVの中で蘇るゾンビ達のようにハタ!!と生まれ変わったような衝撃が!!


あーーーーーーあーーーーーーあーーーーーーーそうじゃん!!


そもそも一見異質なものの中から真に共有出来うるものを選びとるのが「編集」じゃん!


こっからここまでですよって最初っからセーフティーネットを張っといてその中でお上品にお気に入りを並べてみましたなんて
今や編集力でもなんでもないじゃん


音楽はもうストリーム化していて僕等はその「流れ」の中を泳いでいく

そんな新しいストリーム上で最も有効な「編集力」、それは今まで有効だった方法とは異なるはず。


そそそそそそそそそそーーーだ!「女生徒」だ!!!!


太宰治「女生徒」




この「STREAM OF CONSCIOUSNESS」な、「おんなのこ」なカオスっぷり。


セカンドの「CHEER UP」では更にFUTURE BASSやギミックサウンドまで加わり(大瀧詠一先生なら絶対にこの2016年版クレイジーキャッツのような
異形のアンセムをGO GO NIAGARAでかけてくれたハズ!!)、MVも映画のパスティーシュ


そしてサードの「TT」では遂にメロディーは80年代のニューロマ系、MVは突っ込みどころ満載なコスプレ大会に・・・・と

ますます雑多にストリーム化していくTWICEを見て・聴いて、彼女達の編集力とは「女生徒」における少女が

意識の流れとして世界を切り取っていく(=編集していく)やり方にそっくりだとわかったのだ!!


僕の妄想??いーーや違いまっす!

例えばボーカル!
TWICEの独特のサウンドを特徴づけているのはトラックだけじゃない。
通常プロデューサーの厳格な指導の下、ともするとその楽曲の世界観を壊さないように
一人一人のボーカルの個性のダイナミズムが抑制される傾向にあるKPOPにおいて
TWICEのボーカルプロダクションは明確に各メンバーのボーカルが雑多な響きのまま鳴るように
わざと生々しいままRECされているのも一つ。

そして言うまでもなくそのメンバー構成
韓国人メンバーと日本人メンバーと中国人メンバーが雑多に共存する環境は正にTWICEという編集力の象徴で


最後のとどめでグループ名!!

「一粒で二度おいしい」= TWICE

だなんて多なるものの象徴じゃないかッッッ!!



僕が音楽に求める最たるもの、それはPOPである事
いつも新しい「編集力」のあり方を手に入れたい!

オルタナティブ系やJPOPにそうしたPOPNESSを発見できなくなって
んにゃろーーーーーー!!と思ってた時
正にメインストリームのポップミュージックがそしてKPOPが
僕が音楽に(もっと広げれば表現全般に)求めていたいたはずなのに
忘れていたものを思い出させてくれたのが2016年で

そんな新しいポップの方向性を見事に華麗に
"OOH-AHH하게"(優雅に)体現しているのがTWICEなのだと思います。




映画「DREAM MACHINE」のラストシーンは真実でした。

DREAMBABYDREAM

僕はあそこで一度死にました。



でも僕は新しく生きる意味をまた音楽から、ポップミュージックから手に入れました。

夢の中じゃなくてもまた会える

音楽の中で、新しい音楽が鳴る新しい世界で。


僕は新しいその場所を音楽と共に作る事に決めました。